犬ダニ

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬ダニ

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬のダニ にどう対処する? ダニの原因、犬への影響、治療法とは?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
にダニがついていたら驚いてしまいますね。ダニ類は皮膚や体表に寄生する外部寄生虫です。主にマダニ類、毛包虫類、ツメダニ類、ヒゼンダニ類などが知られています。ダニが寄生してしまった時の対処法や治療法などはダニの種類によって様々です。それぞれの感染症について、 犬のダニ の症状や治療法などをご紹介したいと思います。
 
 

犬のダニ :ダニの原因は?

犬にダニがついてしまう原因は、他の犬や動物との接触によって感染する可能性と、散歩などで草むらに入り、そこで生息するダニに感染してしまう可能性が考えられます。特に暖かい季節にはダニが増殖します。
 
 

犬のダニ :犬の健康への影響

マダニ感染症

マダニが犬の皮膚に寄生し、吸血すると犬のカラダにかゆみが生じます。犬のの間に寄生した場合には歩行困難になる場合があります。診断は寄生しているマダニを検出できるかどうかです。
 
 

毛包虫症

ニキビダニの寄生によって起こる犬の疾患です。通常、犬にニキビダニが寄生しても症状が出ることはあまりありません。しかし、幼齢の犬や、免疫力が低下している犬では、口や眼の周囲、顔、四肢の先端に脱毛が起こり、全身に広がっていきます。細菌の二次感染により化膿、出血、浮腫などの病態を示し、重症例では死に至るケースもあります。
 
 

ツメダニ感染症

ツメダニ感染症の場合、幼齢の犬では著しい症状を呈しますが、成犬になると発症に至らないケースがほとんどです。犬の落屑(ふけ)が多くなり、脱毛がみられることがあります。激しいかゆみをともないます。診断はツメダニを検出できるかどうかです。
 
 

疥癬

ヒゼンダニ類による犬の皮膚疾患です。激しいかゆみとともに全身に病変が広がっていきます。診断は病変部からダニを検出します。
 
 

耳ヒゼンダニ感染症

耳ヒゼンダニが犬の外耳道に寄生することで起こります。外耳炎のような症状とともに耳を痒がり、黒い耳垢がみられます。診断はダニの検出です。
 
 

犬のダニ :対応法は?

犬にダニが寄生しているのを発見した場合、皮膚に異常が見られなければ、シャンプーして駆虫薬を使用して様子を見ましょう。ダニが犬の皮膚にくっついている場合、無理やり取ると皮膚にダメージを負わせる可能性があります。シャンプーと駆虫薬で取りきれなかった場合には病院へ行きましょう。
また、犬の皮膚に異常が見られたり(赤くなっていたり、湿疹が出来ているなど)ひどくかゆがっている場合には病院で対処してもらった方が得策です。
マダニ類、ツメダニ類、ヒゼンダニ類は人間にも感染します。それを防ぐためにも早急に感染した犬を治療する必要があります。また、飼育環境や共通の生活環境を清潔にし、複数飼育している場合には、他の犬や動物に感染しないように隔離するのもいいでしょう。
 
 

犬のダニ :治療法は?

マダニ感染症の治療法

マダニの数が少ない場合には個々のマダニをピンセットなどで除去しますが、の部分が残ってしまう事があるので、獣医師に行ってもらう方がいいでしょう。通常は駆虫薬を用います。
 
 

毛包虫症の治療法

ニキビダニは駆虫薬で治療を試みますが、完治は難しく、投薬は長期間に及びます。症状が軽減すれば常在しているダニとしてとらえ、共存してもいいでしょう。人への寄生はしません。再発防止のために飼育環境の清浄化や、免疫状態をよく保つためにバランスのいい食餌、ストレスを与えない事などを心がけます。
 
 

ツメダニ感染症の治療法

駆虫薬で駆除します。
 
 

疥癬の治療法

駆虫薬で駆除します。ダニの卵まで駆除するために1週間から10日間くらいの間隔で犬に対する投薬を繰り返します。人に寄生してかゆみを生じさせることがあります。
 
 

耳ヒゼンダニ感染症の治療法

駆虫薬を耳に垂らしたり、経口投与したり、皮下注射したりします。ダニの卵まで駆除するために1週間から10日間くらいの間隔で投薬を繰り返します。人への感染は報告されていません。

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。